カラフルな発達特性、それぞれの違いを大切にしたいから
思いがけず「発達障害かも?」と言われたら、気づいたら
教育と人間関係の相談室カンナ
保育所、学校、医療、福祉とともに、大切な子どもたちを支えられるように

自閉症スペクトラム支援士として専門的対応

お子さんが発達障害(神経発達症・障害)やその疑いがありそうだと言われた時、誰もが驚き、その対応に悩みます。

自閉スペクトラム(症・障害)、AD/HD(注意欠如多動症・障害)、SLD(限局性学習症・障害)、チック症、発達性協調運動症・障害、知的能力症・障害など、先天的な脳機能の育ちの違いによって、さまざまな能力に凸凹がある人たちが「神経発達症・障害」(DSM5の診断名)と呼ばれます。能力の凸凹加減や状態(二次的症状を含む)によって、発達検査やアセスメントなどを根拠とした医学的診断、個別の支援計画(児童発達支援や障害福祉サービスの計画相談)、特別支援教育など、発達障害者支援法に基づいてさまざまな支援が受けられるようになってきています。

気づくこと、理解すること、合理的な配慮のある関わりや支援を創ることが大切です。神経発達症・障害は一人ひとり多様な違いがありますので、関わりや支援は個別的な丁寧なものでなければなりません。

日本自閉症スペクトラム学会認定の自閉症スペクトラム支援士(STANDARD)として、経験豊富なスタッフが、カラフルな育ちをご一緒に支えさせていただきます。

育ちに合わせた具体的な支援に
Check!
少数派かもしれないけど
子どもだけでなく、大人の神経発達症・障害への関わりも得意としていますう。
Point1

「…かもしれない」と言われたら

神経発達症・障害、中でも診断されるレベルの自閉スペクトラムの特性は、概ね1歳半頃からわかるとされています。就学前までに特性を知り、必用な療育につながっておくことで、就学後の社会的関係性などでの困りが減ることも明らかになっています。学習困難症・障害は就学後に気づかれることが多いものです。まず違いに気づくこと、違いを「困り」にしないために適切な支援につながることが大切ですが、まだまだ情報が少ないのが実情です。

神経発達症・障害への関わりを専門とする当相談室では、必要な情報や専門的知識についての理解を増やしていただき、実際的な支援やサービスにつながるようにサポートさせていただきます。

Point2

学校との関わり、進路に関わる相談も

お子様の発達に「偏りや課題がある」と言われた時、保育所や学校との関わり方、そして将来の進路についての不安や悩みが生じます。

発達検査、医療受診、児童発達支援や障害福祉サービス(放課後等デイサービス)利用、特別支援教育など、どれもが初めての経験となります。

それらの支援やサービスがどんなものか、最初からわかっている親・家族はいません。

当相談室では、医療・福祉・教育との関わり方などについての豊かな経験をもとに、個別に将来を見据えてサポートすることを大切にしています。

Point3

気づいた時から、どんな状態からでも

思春期、成年期、そして成人になってから(大学や就労先で)発達特性の違いに気づかれる方が増えています。

どんな状態や段階でも、気づいた時から支援をスタートさせることができます。神経発達症・障害があることで、対人的な関わりやコミュニケーション、特定の物へのこだわりや感覚過敏などから、社会適応が困難になることが少なくありません。

その解消法や周囲の関わり方は、個別・オリジナルとなります。

お一人で、またご家庭の中で抱え込まずに、当相談室での専門的相談にアクセスして下さい。

お気軽にお電話でご連絡ください
10:00~17:00
Access

長岡京市と向日市を拠点に悩める方の心を支えるカウンセリングを行っております

概要

店舗名 教育と人間関係の相談室カンナ
住所・電話番号 京都府向日市寺戸町渋川22
三恵マンション203号室
075-925-7960
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
webサイト https://mhswkanna.com/

アクセス

人間発達科学についての研究を基軸にして、心身を再生させるために多種多様な発達課題と向き合っております。長岡京市と向日市を拠点にカウンセリングやアコースティックギターの指導を行っておりますが、全国各地からのご相談にも対応するためオンラインカウンセリングも導入しています。
特徴

発達障害」についての悩みや困りに、向日市で専門相談

カラフルな育ちに関わることで、関わるご家族も人生をより豊かに

自閉スペクトラム、ADHDの特性のある人は、着眼点や発想、そして行動がひと味もふた味も違います。衝動性やこだわりなどから、時に周囲を驚かせたり困らせることになることもありますが、そうした違いが人類を発展させてきた原動力でもあります。

ご本人、ご家族や周囲の方々が、安心して関われるように、そして関わってきて良かったと思えるように、自閉症スペクトラム支援士(STANDARD)、認定精神保健福祉士として、また15年を越える支援経験から、個別・オリジナルなサポートとアドバイスをさせていただきます。

Contact

お問い合わせ